2011年09月の記事一覧

発進!関西物件ダイジェスト!

関西エリアも、シェアハウスが充実してきましたよー。

このごろ関西エリアの物件情報がゆっくりペースでしたが、実は続々と掲載件数が増えてきております。

そこで、今回はババンと一挙にダイジェストでお届けです!

紹介する物件は一見大人しそうですが、実際のところ結構それぞれに個性があって、雰囲気の違う物件が揃っています。

後日、それぞれの物件の詳細記事を公開していきたいと思っていますので、とにかくダイジェスト行ってみましょう!

トップバッターは「Cocoon 新大阪」。

新大阪駅から徒歩9分という嬉しい立地にある、清々しい雰囲気が特徴の女性専用物件です。

シンプルにまとめられたリビングには、壁一面にブルーを基調としたストライプ柄の壁紙。

本来なら一面色の強いストライプ柄となると派手になってしまいそうなのですが、インテリアを丁寧に統一しているからか、気持ちの良い爽やかな空間に仕上がっています。

廊下も可愛く、かつ爽やかなブルー系の壁紙をチョイス。

モザイクタイルをあしらった写真立てには、シェアハウスのサインである「Cocoon」のロゴが。

この「Cocoon」という名前には、幼虫から美しい蝶へ生まれ変わる”あなた”を包む「繭(まゆ)」のような存在でありたい、そんな意味が込められているのだとか。

運営者様はホテルの運営や開発・コンサルティングを本業としているとのことで、管理面も期待出来そうです。

個室は、白を基調としたシンプルイズベスト。多様なスタイルに対応できそうです。

お問い合わせはコチラからどうぞ。

続いては、同じCocoonシリーズから「Cocoon 塚本」。

もともと、マンションのオーナーさんが住んでいたフロアを改装して出来上がった、女性専用物件です。

オーナーさんが住んでいたというだけあり、建具や設備のグレードが高いのが特徴。サンシェード付きの大きなテラスをリビング代わりに、のんびりとした時間が過ごせそうです。

マンションの1階部分の敷地を広々と使い、外壁のレンガ模様も相まって、ヨーロッパのカフェラウンジの様な雰囲気も漂っていたり。

リビングはモダンな花柄模様。カウンター席は、庭の景色を楽しめる特等席です。

もともとはお屋敷が建っていたのだそう。その証拠に、かなり年期の入った門扉が残されていたりします。

この年期の入った門扉からなのか、レンガ模様からなのか、ふんわりと漂う欧風な香り。

気になる方は、コチラからお問い合わせ下さいませ。

さて、こちらは2つのテイストが交錯する「天空の城 アンジェラ&ファータ」。

緑のドーム屋根が特徴的なマンションの最上階にある、メゾネットタイプの女性専用物件です。

隣り合うテイストの異なる居住空間は、やはり比べてみたくなるものです。

こちらは、しっとりと静けさを感じる「ファータ」。北欧テイストの空間は、すっと気持ちを落ち着かせます。

シャンデリアにグリーンをあしらわれているあたり、丁寧に仕上げられているなぁと感心するばかり。

赤いカーテンが、煌びやかなシャンデリアがふわりと揺れる空間を演出するのは「アンジェラ」。色味を大切にした、ハイエンドなインテリアが特徴です。

大人の魅惑と言いますか、強めのカラーリングの中にも落ち着きがあり、また言い方を変えると、落ち着いた空間の中に何か高揚させる雰囲気があります。

個室もかなり広々とした贅沢な空間。斜めになった壁に大きくくり貫かれた窓、小部屋と言って良いくらいの大きなウォークインクローゼットなど、面白い空間に仕上がっているようです。

お問い合わせはコチラからどうぞ。

懐かしい暖かみ感じるカントリーテイストのこちらは、「9 Herbe」。”ヌフエルブ”とフランス語読みの物件です。

木製のダイニングテーブルやあずき色のタイルのキッチンなど、懐かしさ感じる暖かい空間のリビングは家庭的という言葉がピッタリ。

左右に広がる大きなキッチンは、手の凝った料理も”お茶の子さいさい”です。

また、外観がコンクリート剥き出しの実はコワ面ってところも、憎めない愛嬌があります。

屋上には芝が敷かれていたり、菜園が出来るようになっていたり。「動物好きな、心の優しい番長」なんてイメージが浮かんできます。

そんな番長にも、実はおしゃれな一面が。共用のダイニングが2つあり、すっきりと清々しいキッチンだってあります。

ちょっと天井が低め、なんて個性的な部屋もあったり。コレはコレで、面白い。壁が荒めの白塗りになっていたりと、ちゃんとフランスを感じることもできます。

気になる方はコチラから、お問い合わせをどうぞ。ちなみに女性専用です。

最後にご紹介するのは、「京橋シェアハウス」です。

3階建ての物件の各フロアには大きな共用スペースがあるので、余裕をもってのんびりと暮らせそうです。

また、物件の1階には運営事業者さんのオフィスが入っていますので、なにかあればすぐ対応して頂けるのではないかと。

部屋は洋室も和室もあり。部屋によって収納のサイズなどもまちまちなので、詳しくは現地でご確認いただくのがベストだと思います。

ショッピングや遠出の際に強い味方となる、カーシェアリングサービスもありますので、要チェックです。

気になる方はコチラからどうぞ。

ざっと大阪エリアの物件をご紹介しましたが、関西エリアのシェアハウスもどんどん増えていますね。

小耳に挟んだ話によると、個性はインテリアだけにとどまらず、住空間での新しい取り組みにむけてプロジェクトが発進していたりと、なにやら面白いこととなりそうです。

また、関西エリアには土地に根付いた建物も多く残っていたりするので、やがては関東勢もうらやむシェアハウスルネサンスがやってくる日も近いかも。

より最新の新着物件情報をチェックしたい方は、最近(ようやく?)力を入れ始めたツイッターのひつじ不動産アカウントもお見逃し無く!

ひつじ不動産関西のアカウントはコチラ→ @hituji_kansai

(イシクラ)

2011年09月28日

カテゴリ: 大阪